置き薬の日晃薬品株式会社 本文へジャンプ
医薬品


コーチゾン雪の元S

コーチゾン雪の元Sとは

『コーチゾン雪の元S』は、皮膚の炎症とかゆみをおさえる副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)「ヒドロコルチゾン酢酸エステル」と抗ヒスタミン剤「ジフェンヒドラミン」、収斂保護剤「酸化亜鉛」を配合しておりますので、アレルギー性皮膚炎、かゆみや炎症を伴うしっしん、ただれ、やけど、痔など、総合的に皮膚疾患に対応できる軟膏剤です。


特長

1. 多くの効能効果をもつ外用剤

現在、配置薬(置き薬)で販売されている多くの皮膚治療薬の効能・効果は、「湿疹、皮膚炎、ただれ、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんましん」が一般的です。『コーチゾン雪の元S』は、一般的な効能・効果と比べ、「アレルギー性皮膚炎、疱疹状皮膚炎、ただれ、あかぎれ、かゆみ止め、くさ、しっしん、痔疾、肛門痒症、虫さされ、しもやけ、ひび、やけど、凍傷、皮膚痒症、あせも」といったより多くの効能・効果があります。


 

2. 副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)「ヒドロコルチゾン酢酸エステル」による抗炎症作用

副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)の抗炎症作用は、炎症の発生に関わる“サイトカイン”の産生や酵素の働きを抑えることで、炎症の引き金となる原因物質を作らせないようにすることに起因します。サイトカインとは細胞から分泌されるたんぱく質であり、標的細胞に働くことで免疫や炎症の発現に関与するものを指します。また、かゆみのもとであるヒスタミンという物質を作る肥満細胞の増殖を強く抑えることで、かゆみをとります。アトピー性皮膚炎や湿疹に副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)を用いるとかゆみがとれる理由の一つです。


3. 収れん保護剤「酸化亜鉛」による患部の保護・乾燥

患部のたんぱく質と結合することで皮膜を形成し、患部を保護します。また乾燥作用により、傷や炎症によるじゅくじゅく感を緩和します。『コーチゾン雪の元S』の軟膏の質感は固めにできておりますので、べたつきも少なく、使用後の患部もあまり目立ちません。あせもやただれなどに効果があります。


医薬品基礎知識

1. 副腎皮質ホルモン剤について

(1) 副腎皮質ホルモン剤とは…
ある特定の骨格(ステロイド骨格)を持つホルモンをステロイドホルモンと呼び、副腎皮質ホルモン、黄体ホルモン、男性ホルモン、卵胞ホルモンがこれに含まれます。一般にステロイド系外用剤と呼ばれる外用剤には副腎皮質ホルモンが含まれています。


ステロイド骨格

(2) ヒドロコルチゾン酢酸エステルとは…
ヒトの健常皮膚貼付で血管収縮作用を示し、炎症による持続的な血管透過性亢進を抑制することで、白血球が炎症部位に集積することを抑制します。 また、毛細血管の新生と肉芽組織の形成を抑制することにより抗炎症作用や抗アレルギー作用をあらわします。


(3) ステロイド系外用剤分類
ステロイド系外用剤は作用の強さにより、I群(Strongest:もっとも強い)、II群(VeryStrong:たいへん強い)、III群(Strong:強い)、IV群(Medium:中程度)、V群(Weak:弱い)の5つに分類されます。一般に皮膚の薄いところには作用・副作用が強まる傾向があり、特に顔などは他の体の部位に比べて皮膚が薄いため、注意して薬剤を選択する必要があります。


2. 抗ヒスタミン剤について

(1) ヒスタミンとは…
「ヒスタミン」はオータコイドと呼ばれる生理活性物質の一つであり、体内に異物が侵入してきた際の抗原抗体反応、外傷・熱傷などの刺激により肥満細胞から遊離される成分です。これが受容体に結合することで、血管拡張、腺分泌促進などの作用を現します。アレルギー反応や炎症の発現に関与し、アレルギー性皮膚炎などを引き起こします。


※受容体:各種刺激情報を得て反応する機能を有する部位

(2) ジフェンヒドラミンとは…
最も繁用される抗ヒスタミン剤の一種です。外用に適用すると皮膚から吸収されて抗アレルギー作用、抗炎症作用をあらわします。虫さされなどのアレルギー症状や湿疹、皮膚炎などの炎症を鎮めます。


3. 収斂(しゅうれん)保護剤について

(1) 収斂保護剤とは…
皮膚や粘膜から吸収されずに皮膚・粘膜表面に作用して皮膜を形成し、保護作用を示します。このため、傷ついた部位の修復を手助けします。


(2) 酸化亜鉛とは…
皮膚のたんぱく質と結合して被膜を形成し、収斂、消炎、保護並びに緩和な防腐作用をあらわします。また浸出液の吸収や分泌の抑制により、創面、潰瘍面を乾燥させ、細菌の繁殖を抑制する作用も持ちます。

もとにもどる

   日晃薬品株式会社 〒617-0824 京都府長岡京市天神3丁目18−9
フリーダイアル 0120-066-638 FAX 075-954-0665
メールアドレス info@nikkoukk.co.jp