置き薬の日晃薬品株式会社 本文へジャンプ
医薬品


救風

救風とは

「かぜ」にかかると、頭痛、発熱、せき、悪寒、筋肉の痛み、関節の痛みなどさまざまな症状があらわれてきます。『救風』は、これらのかぜの諸症状の緩和に効果のある漢方製剤「葛根湯」を主成分とし、さらに解熱鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、鎮咳去痰剤、中枢神経興奮剤を配合したかぜ薬です。かぜの初期や、関節・筋肉の痛みに効果をあらわします。


特長

1. 漢方薬と西洋薬を融合

かぜの初期などに効果のある漢方処方「葛根湯」を主体に、西洋薬である解熱鎮痛剤のエテンザミド、鎮咳剤のヒベンズ酸チペピジンを配合した漢方薬配合のかぜ薬で、かぜの諸症状、特に初期症状や関節・筋肉の痛みに効果をあらわします。分包の中には、白と茶色の2色の顆粒が混在しています。茶色の顆粒は漢方薬(葛根湯)のエキス顆粒で、白い顆粒は医薬品の顆粒です。


2. 「葛根湯」配合で、体を温めてかぜの諸症状を緩和

葛根を主薬とするため、「葛根湯」と名付けられました。東洋医学では、かぜの初期症状の発熱は必要な闘病反応と考えます。そのため、「葛根湯」には、発汗作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散して治します。そのため、病気の初期で、比較的体力のある人に向いています。
漢方薬のルーツは中国医学で、患者さんの症状に合わせた生薬の組み合わせ(処方)で、長い年月をかけた経験から生み出されたものです。この中国医学を基礎として、日本の現状に合わせて発展させてきたものが漢方薬です。本来は、小さくきざんだ生薬を煎じてのむものなのですが、最近では、煎じ薬を乾燥したエキス顆粒が多く用いられています。


3. 西洋薬によってつらいかぜの諸症状を緩和

「葛根湯」で闘病反応をサポートする一方、西洋薬によって、かぜの11の諸症状である鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛みを直接的に緩和して体を楽にします。かぜの症状を抑えることで、体力の消耗を防ぎ、回復を助けます。

もとにもどる

   日晃薬品株式会社 〒617-0824 京都府長岡京市天神3丁目18−9
フリーダイアル 0120-066-638 FAX 075-954-0665
メールアドレス info@nikkoukk.co.jp